CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
blogscouter
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

z-buffer

その奥は深いのか。
<< 「笑う大天使」を見ました | main | ブルー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
嗜好の壁
  愛煙家対嫌煙ファシストの戦い。傍観してて面白いのは、すさまじいばかりの憎悪と組織的攻撃をかける嫌煙ファシストに対し、愛煙家は呑気な象さんのように、「攻撃されている」事を知覚できていない事です。
 あくまでも対症的に「えっここ禁煙なの?」と残念がる以外、なんの理論武装もせず、ぼやぼやと喫って、一般のひとの顰蹙を買ったりします。

 浜松町あたりの喫煙スポットを、半径10メートルも拡大解釈しているお前らのことだよ。この鈍感。

 酒もまた、周りに迷惑がかかりがちな嗜好品で・・・というより、 呑んでる奴は度合いの差こそあれ迷惑です。ぜろさんいつもすみません。

 グリコーゲンと飲酒の攻撃性を関連づけたこのフィンランドの研究は面白いですが、呑む奴はおそらく、この記事に全く興味を示しません。引用しているブログをざっと読んでも、嗜まれない方がほとんどですね。 

 なにか軽く食べながら呑む。というのは望ましい形ですが、実際の酒席での攻撃性とは、あまり関係ないと思います。

 肝心なのは、そんな奴が来ない店で呑むこと。そんな奴の気配を感じたらそこを脱出すること。

 だいたい、「荒れる」事を繰り返すような奴が、つまみ程度で改善されるのを待つほど、呑んでいられる時間に余裕はありません。
| 最後の喫煙者 | 19:28 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:28 | - | - | pookmark |