CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
blogscouter
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

z-buffer

その奥は深いのか。
<< 神々の保養 | main | 漂流の販売人 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ガン・コントロール

番組で手に取っただけで銃刀法違反容疑、びわ湖放送を捜索

 タレントの原田伸郎さん(57)が、びわ湖放送(大津市)のテレビ番組で許可なく猟銃を手に取ったとして、滋賀県警が、同放送本社を銃刀法違反容疑で捜索していたことがわかった。


 県警は今後、原田さんからも同法違反容疑で事情を聞く方針。

 捜査関係者によると、番組は、1月17日に同県余呉町から生放送された「ときめき滋賀’S」。このなかで、原田さんは地元の猟友会員(49)から猟銃を渡され、手にしたという。原田さんは県公安委員会から猟銃所持の許可は受けていなかった。

 びわ湖放送の伊藤彰彦・編成部長は「猟銃を手に取っただけで、所持には当たらないと認識している。捜査には協力していきたい」と話している。

 原田さんの所属事務所は「(原田さんは)相手から『見せましょうか』などと言われ、断れずに猟銃を持っただけだ」と説明している。

2009年6月1日22時48分  読売新聞)
 銃はあくまでも道具であり、それで人殺しをやらかすのは人間。ですが、簡単に殺しの規模を極大化させてしまいます。最近の例を思い出すままに、ドイツ、フィンランド、日本・長崎。

 日本の銃に関する規制は、今ぐらい厳しくていいと俺は思います。

 しかし、それはそれとして今回の事件。
 見せしめとしても、というか見せしめ以外の何物でもないですが、あまりにも露骨すぎます。

 銃砲所持免許を持たない原田氏がさらし者になり、あろうことかテレビ局へガサ入れが入ったにもかかわらず、ドシロウトに軽々しく銃を渡した、免許を持ち銃を持つ物の規範とならねばならない猟友会員49歳が匿名。
 この騒ぎなら、猟友会員49歳は当然一発で免許取り上げ手錠を打たれて3日くらい拘置所にお泊まり、仕上げは執行猶予くらいは付くでしょうが立派な前科持ちあたりには落ち着いてもらわないと。

 読売を引用しましたが、他のは執拗に「あのねのね」をタイトルに入れたり、問題意識がアサッテの方向に行っていたからです。

 銃犯罪へのカウンターとしての見せしめ的報道ではなく、いつもの有名人叩きにしか見えません。

 ■ 

 漫画家花輪和一は、ガンマニアが高じてご禁制のものを所持してしまい、それでもあくまでガンマニアでいっさい(不法所持以外の)犯罪性が無かったにもかかわらず、執行猶予はおろか、一発で3年半におよぶ実刑を食らいました。
 時代的に日本のアンダーグラウンドでトカレフブームだったせいなのかとも思いますが、これも明らかに見せしめでした。

 そして、漫画史に残る奇跡の傑作が生まれました。

 そして花輪氏は、もう銃はいらないと。

 こういった、刀狩りのような方法が警察のメソッドなのかもしれませんが、田舎では、銃を持つことはあまり珍しいことではありません。
 もっと、モラルを高めることを考えるべきではないかと愚考します。

花輪 和一
青林工芸舎
¥ 1,680

| 時事[社会] | 06:33 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 06:33 | - | - | pookmark |