CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
blogscouter
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

z-buffer

その奥は深いのか。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
数撃ち当てるぜ


 なるほど。

 BMDのキネティック弾頭を、多弾頭化するMKV(Multiple Kill Vehicle)。
 リーダーと子分タイプのMKV-Lと群れで判断するMKV-R。
 これなら多弾頭型弾道ミサイルも相手にできます。

 北の将軍様のオモチャも、いちだんと分が悪くなりました。
 発射コストも上がるでしょうが、仕事の性格上、命中ればよしとなります。

 しかし、これから先、弾道ミサイルはどういった運用をされるのでしょうか?
 本気にせよ脅しにせよ一発くらいを使うのでしょうか?

 どうも冷戦期にティーンエイジを過ごすと、弾道ミサイルというのは雨アラレと降り注ぎ、ABM(BMDを昔はこう言った)も蜂の大群のように舞い上がるイメージでしたが。
| 時事[安全保障] | 23:23 | comments(0) | - | pookmark |
イッパツいくらだ?
 知人に「なんでロシアの軍艦はステルスもヘッタクレもないハリネズミのような武装配置をしているのか?」と訊いたことがあります。

 答えは、「探知されたときには既に全兵装を発射済みだから問題ない。」

 完全に矛盾、というかメチャクチャですが、ステルス兵器によるスマートな死の一撃によって沈めた敵艦から、最後ッ屁のように雨アラレと砲弾やらミサイルが降ってくるというイメージは、いやなユーモアです。

 ロシアに「グラニート」という対艦ミサイルがあり、コイツは発射されると群れをつくり、リーダーがホップ(上昇)して他を誘導します。高い高度は発見されやすくなりますが、リーダーがやられると別のグラニート・ミサイルがそれを引き継ぎます。

 だいたい精密誘導とかサージカル・ストライクとか、一撃必殺みたいなものは一部のお金持ちのお道具です。

 撃ち合いは多く撃てた方が絶対に有利です。
 1発撃たれたら2発、出来たら10発、なんならワン・マガジン30発。

 対艦ミサイルを相手にする迎撃用のバルカン砲だって、毎秒60発を発射します。
 しかし、それにしたって口径20ミリの「線」です。
 鰯の群れのような統率を見せる、グラニート・ミサイルの大群の前では鋭い水中銃のようなものでしょうか。タモ網もってこい!

 海自のSM-3ミサイルは凄いと思います。衛星、ミサイル探知偵察機、イージズ・システム、スタンダード・ミサイル、そして日本が受け持ったクリティカル・パートである、相対速度マッハ20超の世界で動作するキネティック弾頭とフェアリング。

 SM-3ミサイルは「ピストルの弾で別の弾を撃ち落とす」様な技術です。
 極限の運動、エネルギー、そして解析と制御。60億円は別に高くないと思います。

 しかし、その究極の槍が刺し貫かんとする相手は、最近お健やかでおられないらしい北の将軍様の安上がりなオモチャです。
 それへの対抗策=イメージ戦略となると、やにわに費用対効果が悪くなってきます。

 何発かでも当たれば「やったぜ!」なグラニート・ミサイルと、一発外しただけで「60億パァ」なSM-3ミサイルでは、分が悪すぎです。
 誰か激しく儲けたがっている(いた?)だけとしか思えません。

 冷戦の頃なら話は別ですが。

 ちなみにグラニート・ミサイルが仕事をすると、たとえば当社比1200億円。
 われらが護衛艦「ちょうかい」の建造費です。
 改造費、搭載兵装、人員の分は入っていません。

 ■

 我が国の汎用ロケットHAは、大雑把に100億円ですが、バシバシ受注してバンバン打ち上げてビシビシコストをシェイプアップして来年あたりには80億を割る目論見だそうです。

 ひとの命がかかる。という言い方もあると思いますが、SM-3ミサイルは、将軍様のオモチャクラスの弾道ミサイル限定です。
 イランが(Adobeの技術支援で)バカスカ打ち上げたやつとかには効果があるでしょうが、あれに一発60億円を叩き込んだらバクチとして負けです。

 米国、ロシア、中国、英、仏が持っている多弾頭型弾道ミサイルには、一騎打ちのキネティック弾頭も殆ど意味がありません。数撃つやつが勝ちです。
| 時事[安全保障] | 17:29 | comments(0) | - | pookmark |
斯界では有名


 マイフェイバリット「Discovery Channel」のお気に入り番組のひとつが、海軍の特殊作戦部隊・SEALS出身の強面男前坊主頭マックが最新兵器を紹介&試しまくる「Future Weapon」です。

 どんな最新兵器でも、いささかの淀みもなくスマートに操作してみせるマックは流石ですが、その新兵器を開発している人々のコメントも、本当にただの技術屋のおっさんが、人体をいかに破壊していくかをまるで家電品かなにかのように詳細に説明するシーンも見物です。

 この番組はすでに3シーズン目に入っていますが、最近気づいたことがあります。
 スゥェーデン人のひと、むちゃくちゃ武器開発しますね。米国の番組だから米人が多いのはあたりまえとして、その次に出てくるのがスゥェーデン人です。もちろん、ボフォース社がらみで、今はまとめてBAE社なので出番は多くなりますね。

 もうひとつ。我が国最大の家電メーカー、パナソニックが誇る、ふつう版(?)のLet's Noteでさえかなり頑丈系のパソコンなのに、さらに過酷なアウトドア使用に特化した「タフブック」
 これが、最近はやりのロボット兵器のコントローラに使われまくってます。
 ロボット兵器といっても、もちろんグローバルホークみたいな豪華版には付きませんが、この番組で、もっとも多く目にするパソコンです。
| 時事[安全保障] | 22:47 | comments(3) | - | pookmark |
沖縄の涙
 トシがバレますが、日本のロックバンドに「紫」という凄いのがいまして、そのアルバムのモチーフには、B-52爆撃機のシルエットがよく使われました。

 「紫」は沖縄のバンドです。

 俺の世代と少し上の人たちにとって、沖縄=B-52です。
 同機はひと飛びでベトナムを爆撃し沖縄まで還ってきました。

 たとえば、グリーンランドが南米並みに馬鹿でかく見える、メルカトル図法の世界地図でなく、地球儀を使いいろんな方向から日本を眺めると、沖縄はアジアほぼ全域への足がかりとなる、奇跡的な位置にあることが解ります。

 奇跡、という言い方はふさわしくないかもしれません。どこの国が覇権を握ろうと、その国は沖縄に軍事基地を置く必要があります。

 イラク支援活動を行っている高遠菜穂子氏のページに、こんな台詞がありました。

 >ワタシ:「オキナワのイメージって弾薬庫っていうイメージだけ!?」
 >カーシム:「そうだよ。それしか知らないもの。殺したり、虐待する米兵の町」

 沖縄を訪問したイラク青年の認識です。

 高遠氏は涙を流しましたが、この事をやっと認識していただけたか、とも思います。

 現代においては、太平洋戦争末期、凄惨な戦いのあと米軍が沖縄を占領して以降、米軍がアジアの各地にばらまく死の本拠地でありつづけました。
 そして日本は、同じ屋根の下に居続けています。

 最近でも、イラク戦争の兵站の他に、北の将軍様がミサイルを悪さしているとき、「コブラボール」をはじめとする特殊なミサイル追跡機が次々と飛来しましたし(今も来ていますが)、F-22を売るの売らないのと揉めている、空自のFX(次期戦闘機)も、老骨に鞭打ち沖縄の空を守るF-4戦闘機の代替でもあります。

 俺自身としての結論はありません。

遠くて浅い海 (文春文庫 ひ 16-3)
遠くて浅い海 (文春文庫 ひ 16-3)
ヒキタ クニオ
| 時事[安全保障] | 18:43 | comments(0) | - | pookmark |
茶番
 うそつきおさるのジョージ、任期最後の「手柄」です。このうそつき。

 ここまで日本人を虚仮にした米大統領は居なかったでしょう。なにが自由の国だ。
 彼らの自由のための戦い、自由のための人殺しリストからは、この極東の独裁者、殺人者、国際的金融犯罪者、そして誘拐魔の金正日は外れているのでしょうか?

 原発の冷却塔を発破かけてぶち崩す。北朝鮮お得意のドンガラが見事に役立ちました。費用対効果はものすごい。
 技術と予算に優れるわが国は、この寧辺の核物質とそれを載せる弾道ミサイルに対抗するため、とてつもない制御技術の塊であるキネティック弾頭を開発しました。
 まあ、おそらく実際に弾道ミサイルを迎撃する日など来ず、ボンクラロボットアニメファンをぬか喜びさせただけに終わると思います。



 国家としての日本は、拉致被害者に対しどんなツラを下げるというのでしょうか。
 家族の理不尽な喪失の悲しみに、塩を擦り込むようなこの外交的失策を、だれが償うのでしょうか。

ひとまねこざる
ひとまねこざる
H.A.レイ,光吉 夏弥
| 時事[安全保障] | 18:22 | comments(0) | - | pookmark |